体の中からほうれい線対策!

ほうれい線があるだけで、実年齢より老けた印象に…。
そんな、ほうれい線ができる原因には、加齢・乾燥・紫外線・食生活の乱れなどがあります。

 

とくに、加齢とともに起こる顔のたるみや乾燥から、ほうれい線ができやすいとされています。

 

顔の皮膚がたるまないようにマッサージやスキンケアも重要ですが、実は体内からのケアも大切です!

 

たとえば、肌に良い成分の「コラーゲン、セラミド、プラセンタ」などを口から摂取することで体内で肌に還元されます。

 

最近は手軽に美容成分が摂れるサプリメントも増えています。そこで当サイトでは、人気のサプリメントを厳選しました。とくに素材にこだわり、天然派のサプリメントを選びました。

 

ほうれい線を無くすサプリメントランキング★

 

ほうれい線

FUWARI(ふわり)の特徴

まるで食べる美容液!FUWARIは肌に直接使う美容液のように、美容成分がたっぷり配合されたサプリメントです。

肌に良いことで今話題の純度100%プラセンタを配合!これだけでも良質さが分かりますが、そこに、ビタミンやアミノ酸、ミネラル、セラミド、ヒアルロン酸、アスタキサンチン、ビタミンEなどもプラス配合しています。
肌のハリや弾力、保湿、若々しさなど、さまざまな角度から美肌をサポートします。
FUWARI質の良さから満足度も高く、なんと90%以上の方が満足と回答しています。今なら、980円でスタートできます。

価格 980円
評価 評価5
備考 初回

 

 

ほうれい線

エイジングリペアの特徴

アンチエイジングのためのサプリメントをお探しの女性へ。

エイジングリペアは便利な個包装のサプリメントで1袋の中に美容成分がたっぷり配合されています。馬プラセンタをはじめ、ミネラルやビタミン、さらにコラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチンなど。高級コスメレベルの美容成分が体内から美肌をサポート。
クチコミでも大好評で、エイジングリペアは4,400円で販売しています。

価格 4,400円
評価 評価4.5
備考

 

 

ほうれい線

ぷるきら生活の特徴

スキンケアだけでは足りない、体の中から美肌ケアしたいアナタに。

ぷるきら生活は、製造特許であるこんにゃくセラミドを配合しています。実はこんにゃくはセラミドが多いのですが、そのまま食べても消化されず排泄されてしまいます。ぷるきら生活は高度な技術によってこんにゃく芋からセラミドのみを抽出されているので、しっかりと豊富なセラミドを摂れます。さらにショウガエキスやコエンザイムQ10、ビタミンなどを配合しています。利用者の80%が潤いを実感し、口コミで好評です。お値段もお手頃な2,160円から。

価格 2,160円
評価 評価4
備考

 

ほうれい線を防ぐためには生活習慣も大切だった!?

 

皆さんが気になっている「ほうれい線」は、加齢が原因と思っていませんか?
実際に年齢を重ねて皮膚が変化することも原因なのですが、実は普段の生活習慣も影響します。若い人でもほうれい線が出てくるのは、とくに生活習慣に原因があると考えられます。

 

たとえば、紫外線対策や顔の表情筋トレーニング。

紫外線対策

紫外線はシミなどの原因にもなるので対策を徹底しましょう。曇っている日でも夏以外でも紫外線は出ているので日焼け止めクリームなどで対策をしましょう。それから、夜は日焼け止めクリームをきちんと洗い流して、洗顔・スキンケアをします。
ほうれい線は乾燥によっても起こりやすいトラブルなので、しっかりと保湿を。
とくに洗顔後は肌が乾燥するので、つっぱりを防ぐためにも保湿を行いましょう。

表情筋トレーニング

表情筋トレーニングは簡単です。ほうれい線ができやすい口角を意識してグイグイ動かすようにしたり、手を使ってマッサージすると効果的です。

体の中からの対策

紫外線対策や表情筋トレーニングはいわば外部からのケアですから、体内からのケアも同時進行しましょう。美容に良い食べ物と、サプリメントで効率よく美容成分を補ってみてください。

 

 

サプリメントで体内からほうれい線対策!

 

当サイトで紹介している『FUWARI』『エイジングリペア』『ぷるきら生活』は、どれもコスメではなくサプリメントです。
基本的に、ほうれい線対策を行う場合は、顏のトレーニングやストレッチ、マッサージ、スキンケアが一般的な方法ですよね。
しかし、それだけでは不十分かもしれません・・・!

 

サプリメント体の中用のコスメと考えてみましょう。
コスメに配合されている美容成分を体内から摂るという考え方です。肌に直接美容成分を与えることでも、浸透すると肌の調子を整えることができます。
体内から補うことでも、美容成分が吸収されると、ほうれい線対策になります。

 

とくにおすすめの美容成分が「プラセンタ」です。今コスメ界でも注目の的になっていますよね。

 

プラセンタは胎盤のことで、赤ちゃんに栄養を送る部分ですから、優れた栄養やパワフルな成分を含んでいます。それが美容に良いことから注目を集めています。

 

種類がいくつかありますが、馬プラセンタが高品質で人の体にも合いやすいとされています。

 

他にも、コラーゲンやビタミンC、アスタキサンチン、セラミドなどが有効成分です。どれも肌の潤いやハリに関わっているので、ほうれい線を含むシワやシミ対策におすすめのエイジングケア成分です。

 

ほうれい線ケアにおすすめの飲み物

 

美容ドリンクなどのように美容のために作られている飲み物以外にも、ほうれい線ケアに良い飲み物があります。
身近な飲み物でいうと、「お茶」です。お茶にもさまざまな種類がありますが、『黒豆茶、ドクダミ茶、緑茶、ローズヒップティー』が一押しです。

 

 

これらに共通するのはポリフェノールです。ポリフェノールには5,000種類以上もあると言われていますが、どれも抗酸化作用に優れています。

 

体内で酸化が進むことで老化が加速するので抗酸化作用は、反対に若返りをサポートする重要な作用です。つまり、ポリフェノールはアンチエイジングに良い成分です。

 

黒豆茶はアントシアニンを含み、ドクダミ茶は複数のポリフェノールを含んでいます。

 

緑茶に含まれるカテキンもポリフェノールの一種です。ただし、緑茶はカフェインを含んでいるので飲み過ぎに注意が必要です。

 

また、ローズヒップティーには、ビタミンCが豊富に含まれていて体内でコラーゲン生成が促されて、ハリのある肌になります。

 

ここ最近注目されている「シリカ水」もおすすめの飲み物です。普通の水とは違い、ミネラル分であるシリカをたっぷりと含んだ水になっています。

 

シリカはコラーゲンやエラスチンと結びつく性質があるため、シリカ水で水分補給すると、健やかな肌細胞作りになります。

 

 

目立つほうれい線を隠す方法はある?

 

ほうれい線ができてしまった場合、なかなか改善することができません。消していくためには時間がかかります。
サプリメントやスキンケアでほうれい線ケアをしながら、消えるまではメイクでほうれい線を隠しちゃいましょう!

 

メイクのポイントは2つ。「チーク」と「ハイライト」の使い方です。

 

チーク

色はピンクオレンジ系かローズ系と、ブラウン系がおすすめです。
明るいカラーのチークを頬骨の上あたりにいれて、暗めのカラーを頬骨の下にいれることによって顔全体のメリハリができ、顔色がよくなります。たるみなども目立たなくなるので、小じわ隠しに効果的です。

 

ハイライト

おすすめはゴールド系や赤系です。これらのカラーは日本人の肌色に合いやすいとされています。
シルバーやホワイトは逆に肌の色を悪く見せてしまうので注意が必要です。

 

たったこれだけのメイクでも、顔の印象が変わります。

 

また、まぶたのたるみが気になるときはつけまつげを使うと、目がクイッと上がるのでたるみを隠せます。

 

 

30歳が節目!?ほうれい線対策を始めるタイミング

 

ほうれい線が出てからよりも、その前に対策を始めておくことが理想的です。
30代になったら、ほうれい線対策を始めるタイミングです。
ほうれい線というと、40代、50代以上で出てくるシワのイメージがありますが、実は30代でもほうれい線が出はじめることがあります。なので、アラサーになったらほうれい線対策を始めましょう。

 

ほうれい線対策にはいろいろなやり方があります。

ストレッチ、マッサージ

口角を意識して表情筋を動かしたり、顏のストレッチやマッサージを習慣にしましょう。

スキンケア

加齢とともに乾燥しやすくなるので保湿ケアを徹底しましょう。

栄養補給

サプリメントで美容成分を補給します。体内からのアプローチを並行して、より美肌に。

 

ほうれい線対策に難しいことはありません。毎日の生活を見直していくだけでも、ほうれい線対策になります。

ほうれい線を無くすサプリメントランキング★最新記事一覧

ほうれい線を隠すメイク術
ほうれい線は簡単に消えるトラブルではありません。ただ、対策をしながら、ほうれい線を隠す方法があります。普段のメイクを変えるだけでも、ほうれい線をカバーできます。まず、「コンシーラー」を使います。顔全体に下地を塗ったあと、ほうれい線に沿ってコンシーラーを塗っていきます。ただし、厚塗りしないように気を付...
ほうれい線に良い美容整形の施術方法
ほうれい線は一度できてしまうと、なかなか消すことができません。スキンケアやサプリメントで薄くしたり、場合によっては消えることもあります。ただそれでも、ほうれい線が気になる場合には美容整形の施術を受ける方法があります。施術方法はいくつかあります。まずひとつが「ヒアルロン酸注射」です。文字通り、ヒアルロ...
ほうれい線に良いツボ
体に存在する「ツボ」は、その種類よってさまざまな効能があります。中には、ほうれい線に良いツボもあります。3つのツボをご紹介するので、手の空いた時間にツボ押しマッサージを行ってみてください。四白場所:黒目の下のくぼみ効果:肌のハリ、むくみの改善、ほうれい線を含む肌トラブル改善、小顔効果、血行促進、目の...
ほうれい線やシワ専用のテープの使い方
今「美容テープ」というテープが話題になっています。ほうれい線やシワを消すために使う専用のテープです。このテープは、皮膚を持ち上げることによって、気になるシワを目立たなくすることができます。使い方も簡単です。まずは洗顔し、顏の水気をよく拭き取ってください。ほうれい線を消したいときには、耳のすぐ前・耳た...
ほうれい線に良い保湿ケア
肌トラブル対策では、保湿が肝心要です。ほうれい線においても、保湿ケアはとても重要です。そもそも肌乾燥している状態は、ほうれい線ができやすいと言われています。ほうれい線ができやすい人の特徴のひとつが、乾燥肌です。肌か乾燥していると角質層の水分がなくあんるため、ハリやツヤ、弾力が失われてしまいます。する...
ほうれい線に良いコスメ選び
ほうれい線を消したいとき、予防したいときに大切なのが、毎日のスキンケアです。特別な施術を受けなくても、生活習慣やスキンケア次第で予防も改善もしていくことができます。ほうれい線が気になるときには、「保湿」が一番重要です。実は保湿ケアは、ほうれい線だけでなく、さまざまな肌トラブル対策になります。ニキビ予...
左右非対称のほうれい線の原因や消し方
ほうれい線といえば、口角あたりに左右対称で出てくるシワというイメージがあると思います。加齢やたるみ、乾燥などが原因で起こるほうれい線は、ほとんどが左右対称です。しかし、左右非対称のほうれい線が出てくることもあります。これもまた、生活習慣に原因があると考えられます。たとえば、横向きで(必ず右、または左...
ほうれい線ができやすい人の特徴
ほうれい線は誰にでもできる肌トラブルですが、実は「できやすい人」の特徴があります。ここでは、ほうれい線ができやすい人の特徴を簡単にまとめてみました。乾燥肌タイプ普通肌・皮脂肌・乾燥肌の中でも、とくに乾燥肌の人はほうれい線ができやすいとされています。というのも、ほうれい線の原因のひとつが、乾燥だからで...
ほうれい線に効くごま油うがい
『ごま油うがい』という、美容法・健康法って知っていますか?今話題になっています。実はこれ、古来インドから伝わる健康法のひとつで、最近になって美容に良いと口コミで話題になっています。健康効果口内トラブル予防(虫歯、歯周病など)風邪予防デトックス効果など。美容効果美肌白髪対策薄毛対策そして、「ほうれい線...
ほうれい線の赤みについて
ほうれい線そのものが目立つ肌トラブルですが、ほうれい線に沿って赤みが出て余計に気になっているという方が多いと思います。どうして、ほうれい線が赤くなるのでしょうか?その原因はずばり、お肌の「乾燥」です。肌が乾燥することは、ほうれい線自体の原因にもなってしまいます。そして、ほうれい線ができたあとも乾燥し...