ほうれい線ができやすい人の特徴

ほうれい線ができやすい人の特徴

ほうれい線は誰にでもできる肌トラブルですが、実は「できやすい人」の特徴があります。
ここでは、ほうれい線ができやすい人の特徴を簡単にまとめてみました。

 

乾燥肌タイプ

ほうれい線ができやすい人の特徴

普通肌・皮脂肌・乾燥肌の中でも、とくに乾燥肌の人はほうれい線ができやすいとされています。というのも、ほうれい線の原因のひとつが、乾燥だからです。
皮脂は加齢と共に減っていきやすく、コラーゲンも減少するので潤い不足になってしまいます。すると小じわが増えはじめ、ほうれい線も出てきます。
しっかりと保湿ケアをして潤いのある肌をキープするようにしましょう。

丸顔の人

ほうれい線ができやすい人の特徴

丸顔の人は比較的、頬がやわらかいため、垂れ下がりやすいのでたるんでしまい、ほうれい線ができてしまいます。
頬はある程度筋肉をつけた方がほうれい線対策になるので表情筋を使って筋肉を鍛えておきましょう。

日焼けしている人、よく紫外線を浴びる人

ほうれい線ができやすい人の特徴

紫外線を浴びたり日焼けしていると、肌のハリが減っていきほうれい線が出てきてしまいます。日焼け止めでUV対策を行いましょう。

 

慢性的に肩がこっている人

ほうれい線ができやすい人の特徴

肩こりが慢性的になっていると、顏までこってしまいます。結果、ほうれい線ができてしまうので、筋肉を鍛えながらもほぐすマッサージも施しましょう。

 

太り気味、肥満の人

ほうれい線ができやすい人の特徴

肥満体型になると脂肪とともに下に下がっていくので、ほうれい線が出てきやすくなります。
極端にダイエットするのは良くありませんが、標準体型を維持しましょう。

 

このように、ほうれい線ができやすい人には特徴がありますが、それぞれ対策方法があります。