ほうれい線が出るのはいつ頃?

ほうれい線が出るのはいつ頃?

ほうれい線は中高年に多いイメージがあると思います。50代以上になると、目立つような印象がありますよね。

 

顔の筋肉の衰えからくるたるみによってほうれい線が出やすくなるので、確かに加齢が原因のひとつなのですが、実際は30代から出てくる肌トラブルです。

 

 

加齢の他にも、紫外線や食生活の乱れ、睡眠不足など生活習慣が影響するため、ほうれい線が出る年齢には個人差があります。

 

早いと、なんと10代で出てくることもあります。ほとんどの方が30代から出始め、40代にくっきりとした線が目立ち始めます。

 

 

一般的にほうれい線は30代以上に出てくることから、対策を始めるタイミングは20代が理想的とされています。

 

とくに20代半ばになったら、お肌の曲がり角ですからスキンケアの方法を見直して、ほうれい線対策も意識してください。

 

また、ほうれい線対策では、今の年齢に応じたケアを始めてください。

 

10代

特別なスキンケアよりも、生活習慣を正すことが大切です。充分な栄養補給と睡眠をとるようにしてください。

20代

保湿を丁寧に。
段々と肌が乾燥しやすくなっていくので、乾燥肌を防ぐために丁寧な保湿ケアを施します。

30代から

アンチエイジングを始めます。ポリフェノールを取り入れたエイジングケアを始めてください。