ほうれい線の原因と消し方

ほうれい線の原因と消し方

年齢を重ねると出てくる肌のお悩み。シミやシワ…。

 

ほうれい線はシワの延長戦と思われていますが、実際にはシワには分類されないと言われています。しかし、他のシワと同様に、ほうれい線が出ると老け顔に見られてしまいます。

 

 

若々しさを維持したい女性にとっては大敵なほうれい線。なるべく、ほうれい線を防ぎたいですよね。

 

対策をしていくためには、まず原因を知ることが大切です。

 

ほうれい線ができる原因はいくつかあります。

加齢(皮膚のたるみ)
  • 肌の乾燥
  • 紫外線
  • 外部刺激
  • 食生活の乱れ
  • 喫煙
  • ストレス

など。

 

 

とくに、加齢によって皮膚がたるむことが、一番大きな原因です。

 

年齢を重ねると顏の筋肉が衰えていくため、皮膚がたるんでほうれい線ができてしまいます。

 

さらに肌が乾燥すると、小じわもできやすくなってしまいます。
加齢によってコラーゲンの生成量も減っていくので、潤いやハリも減って、どんどんとほうれい線ができやすい肌環境に変わってしまいます。

 

 

皮下脂肪が増えたときにもほうれい線ができやすいことから、肥満も一つの原因と言われていて、食生活の乱れが影響します。他にも、喫煙の習慣や過度なストレスも影響をもたらします。

 

このように食生活など生活習慣の影響もあるため、ほうれい線は中高年になると出る肌トラブルと思われていますが、30代と若い女性でもあらわれることがあります。